Fucoidan Times

2017 - 11 - 22 |
|

健康に係わる様々な情報をシーフコイダンスタッフがお届けします。
フコイダンや癌に関する情報だけでなく、健康に関する様々な情報をお届けすることで世界中の方々と繋がることができればと思います。


Topics

がんゲノム医療 中核拠点病院を公募 12カ所


厚生労働省は、がん患者のゲノム(全遺伝情報)を調べて適した治療法を選ぶ最先端の「がんゲノム医療」を提供する病院の指定要件を、大筋で決めた。近く中心的な役割を担う「中核拠点病院」の公募を始め、条件に合う12カ所程度を来年3月までに指定する。中核病院は、直接患者を診る数カ所の連携病院と協力することになっており、来年度から全国で治療が受けられるようになる。

 

 従来のがん治療は肺や胃、大腸などの臓器別に施されているが、ゲノム医療はがん細胞に生じた遺伝子の変異を検査で特定し、その変異に合った薬を投与する。まだ一部のがんでしか実用化されていないが、米国、英国に続き日本でも国家プロジェクトとして研究開発を進めている。

 中核病院は遺伝子検査や人材育成、研究開発を担当し、指定要件として、複数の病理診断医の常勤、遺伝カウンセラーの配置などが盛り込まれた。また、質の高い臨床研究の実施体制がある病院が望ましいとされた。連携病院は、主に患者の治療を受け持つ。

 遺伝子検査は数十万円の費用がかかるが保険がきかない。厚労省は、がんに関連した遺伝子変異を一度に調べられる検査機器について、来年度中の保険適用を目指している。

出典;毎日新聞

Category

カテゴリー

Monthly

月別

お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

シーフコイダンコールセンター

〒830-0023 福岡県久留米市中央町16-18エルテビル1F

© MYM International All Rights Reserved