Fucoidan Times

2018 - 10 - 22 |
|

健康に係わる様々な情報をシーフコイダンスタッフがお届けします。
フコイダンや癌に関する情報だけでなく、健康に関する様々な情報をお届けすることで世界中の方々と繋がることができればと思います。


Topics

本庶佑博士 ノーベル生理学・医学賞受賞


By Yuko

 

毎年、物理学・化学・生理学および医学・文学・平和・経済学の6部門において功績を残した人物に送られるノーベル賞。2018年のノーベル医学生理学賞授賞者の中に、京都大学特別教授、本庶佑博士の名と共同で開発を行った米国テキサス大学のジェームズ・アリソン教授の名が並びました!

 

『突き詰めて考えること』を研究にも、また日頃の生活においても大切にしているという本庶博士。その研究心とひたむきさが受賞に繋がったのだと感じます。

 

ニュースでこの吉報は多く流れているものの、効果を発揮する仕組みがわからない方も多いはず。

 

このような仕組みだそうです。

 

■免疫のブレーキ物質を発見 第4のがん治療に貢献

「ノーベル賞授賞の理由は、免疫抑制の阻害による新しいがん治療の方法を発見したことです。がん細胞が増殖するのは、免疫の働きにブレーキをかけているから。本庶さんは免疫をつかさどる細胞にある「PD-1」という物質を発見し、その後、体の中で免疫が働くのを抑えるブレーキの役割を果たしていることを突き止めました。このメカニズムが判明したことで、免疫が働くように細工をしてがん細胞を攻撃させる免疫治療薬『オプジーボ』の開発につながりました。免疫療法は外科手術、放射線、化学療法に続く、第4の治療法と言われています」

引用:ノーベル生理学・医学賞に本庶氏

 

日本は今や2人に1人が癌になるという時代に突入し、癌の根治は全人類の課題とも言えます。

今回の受賞を皮切りに、癌治療に光が差したように感じる一方で、オプジーボが効きにくい患者が一定数いること、また国庫にかかる負担などから、更なる研究及び資金面での打開策の必要性も感じる方も多いようです。

本庶博士が訴える通り、国から短絡的な研究結果が求められ、基礎研究への投資が不十分であることから、生命科学研究の未来が危ぶまれている現状もあることも忘れてはなりません。

 

課題は色々とあるようですが、また一歩癌根絶へ近づいたことに関しては、大変喜ばしいことです。

 

最後に…本庶博士はじめ、各部門で受賞された皆様、本当におめでとうございます!

 

 

Category

カテゴリー

Monthly

月別

日本の工場からできたてのフコイダンを直接お届けします。 全世界送料無料
お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

+86 21-64560133
0084-983-924-181
+81 50-32044759
アメリカTel:714-933-0776
シーフコイダンコールセンター

〒830-0023 福岡県久留米市中央町16-18エルテビル1F

© MYM International All Rights Reserved

台湾フリーダイヤル×
免費撥號