Fucoidan Times

2018 - 11 - 20 |

健康に係わる様々な情報をシーフコイダンスタッフがお届けします。

フコイダンや癌に関する情報だけでなく、健康に関する様々な情報をお届けすることで世界中の方々と繋がることができればと思います。


Topics

簡単なインフルエンザ予防対策


少しずつ肌寒い気温になり、咳き込む人を多く見かけるようになりました。

社内では、風邪とインフルエンザ予防の対策の為、

早速、加湿器を導入しました!

加湿器を置くだけで咳も止まり、肌の潤いも保てているような気もします。

 

11月に入ると、インフルエンザの予防注射を受ける人が増えますが、

予防注射は本当に効果があるのでしょうか?

周りでは、予防注射を受けて反対にインフルエンザに罹ってしまう人を多く見かけます。

予防注射を受けているから必ずしも予防できるわけではないようです。↓

 

実は、インフルエンザの予防注射には、感染を予防する効果はない。感染とは、ウイルスが鼻や口の粘膜から体に入り細胞内で増殖することだ。とはいえ、厚生労働省の研究班の報告によれば、インフルエンザの発症と重症化を抑える効果はあるという。そもそもインフルエンザワクチンは、接種を受けた人の体にウイルスを排除する抗体を作り、同じウイルスが入ってきたときにそれを攻撃して発症や重症化を抑えるものなのだ。

引用:インフルエンザの予防注射は打つべき? 本当に効果があるのか?

 

しかし、私もいつか、インフルエンザに罹るかもしれないので、

簡単な予防を今年から始めようと思います。

まずは2つの予防対策から始めてみたいと思います。

 

インフルエンザ予防対策1

 

 

紅茶を飲む。

日本のバイオメディカル研究所特別研究員の中山幹男医学博士は

インフルエンザ予防に効果があるとお勧めしています。

その理由とは…↓

 

「紅茶にはテアフラビンという有効成分が含まれており、これがインフルエンザウイルスの突起に付着する性質があり、テアフラビンがついたウイルスは細胞に吸着できないので感染力を奪う」とし、「緑茶やウーロン茶にもその効果はあるが、紅茶は際立っている」。

ソ連かぜ(H1N1)、ホンコンかぜ(H3N2)などのA型ウイルスと、B型ウイルスを使用して実験した結果、通常飲む市販紅茶の5分の1の薄さでもウイルスの感染性を10秒で100%失わせることが分かった。ウイルスの生きた細胞に対する吸着能力を失わせるため、すべての種類に効果が認められ、「新しく誕生した新型ウイルスにも効き目は変わらない」と言う。

紅茶にレモンを入れると、更に効果が良くなるともおっしゃっています。

引用:紅茶、インフル抑止に効果 学級閉鎖防止へ学童らに推薦 日本紅茶協会講演会で中山博士

 

インフルエンザ予防対策2

 

 

マイタケを多く食べる。

日本ではマイタケをスーパーでよく見かけますが、

マイタケはダイエットに良いと言われていますが、

なんと、インフルエンザの予防効果もあるそうです↓

 

中部大学の共同研究によると、インフルエンザA型に感染したマウスに「マイタケα-グルカン」を摂取させる実験を行った結果、ウイルスが激減したそうです。「マイタケα-グルカン」とはまいたけ独自の成分で、免疫力が低下したマウスでの実験でもインフルエンザウイルスの減少を確認。

引用:“インフルエンザ”の予防に効果的!?マイタケのパワーが明らかになり売り切れ店続出

 

その他免疫力を高めるシイタケ、ブナシメジ、エリンギも良いそうです。

 

いくら頑張っても外界の菌やウイルスから体を守るのは難しいです。

いろんな方法で免疫力を高め、体内から退治できるような体作りをすれば

良いのではないでしょうか。

皆様も、是非試してみてください。

クミ

 

 

 

 

Category

カテゴリー

Monthly

月別

日本の工場からできたてのフコイダンを直接お届けします。 全世界送料無料
お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

+86 21-64560133
0084-983-924-181
+81 50-32044759
アメリカTel:714-933-0776
シーフコイダンコールセンター

〒830-0023 福岡県久留米市中央町16-18エルテビル1F

© MYM International All Rights Reserved

台湾フリーダイヤル×
免費撥號