Fucoidan Times

2019 - 09 - 16 |

健康に係わる様々な情報をシーフコイダンスタッフがお届けします。

フコイダンや癌に関する情報だけでなく、健康に関する様々な情報をお届けすることで世界中の方々と繋がることができればと思います。


Topics

夏の疲れには養生法


こんにちはHonamiです。

近頃少し涼しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は中医学の観点から見る野菜についての記事を書こうと思います。

 

 

突然ですが、私は夏が苦手で毎年体調を崩します。

もともと自律神経が弱いこともあり、

暑い外と涼しいエアコンの効いた室内の温度差に体がついていかず、

お腹が緩くなったり、ひどいときは熱が出たりします。

 

今年の夏も変わらずそんな感じで疲れ切っていたんですが、

7月に旅行で訪れた東京のベトナム料理屋さんのごはんがとてもおいしく、

そこで食事をしてからしばらく体調が良かったのです。

それからしばらくベトナム料理を食べ続けるようにした結果、

いつもの夏よりも体調が悪くならずに済んだことをきっかけに、

ベトナム料理に非常に興味を持ち始めました。

「ベトナム料理を食べるとなぜ体調が良くなるんだろう?」

「日本の料理との違いはなんだろう?」

と考えた結果、

香菜が原因ではないか!と感じたのです。

 

ベトナム料理には香菜がふんだんに使われていて、

香菜が大好きな私はとても嬉しかった覚えがあります。

香菜は、パクチーや大葉などの香りが強い野菜のことです。

中医学の観点から見ると香菜類は「温性」の野菜とされ、

・体を温める

・冷え性の改善

・「気」や「血」を巡らせる

・疲れを取る

・体を元気にする

と言った効果があると言われています。

 

他に温性の野菜として挙げられるのは、

たまねぎ、にんじん、かぼちゃ、にんにく、しょうが等で、

温性よりもさらに温める力が強い「熱性」の野菜は、

唐辛子、コショウ等だそうです。

 

反対に、涼性や寒性の野菜は、

ゴーヤ、スイカ、ナス、セロリ、きゅうり、大根等で、

・体の熱を冷ます

・毒を排除する

・通便効果がある

と言った効果があると言われています。

 

 

 

このように中医学には”養生法”という、

自然治癒力を高めることによって体を癒す方法があります。

食べ物にはそれぞれ違った特性や効能があり、

体調に合わせて自分の症状に合うものを食べるのも養生法のひとつです。

 

私はてっきり夏が暑いせいで体が熱くなりすぎた為に

体調が悪いのかとばかり考え、エアコンをつけっぱなしで寝たり、

冷たい水をガブガブ飲んだりして体を冷やそうとしていましたが、

それらの行為がますます体調を悪くしていたのかもしれません。

 

ベトナム料理が解決方法だったかは定かではないですが、

多く取り入れたらとても楽になりました。

もしかしたら、根本的に体は冷え切っているのに

本質的な解決にならないことばかりして、

自分の首を絞めていたのかもしれません。

 

みなさんがもし夏の疲れが溜まっていることを自覚しているならば、

根本的な原因が、想像しているものと違うかもしれません。

私のように正反対なこともあるかも・・・

みなさんの夏の疲れが少しでも楽になりますように。

この記事が参考になれば嬉しいです!

Category

カテゴリー

Monthly

月別

日本の工場からできたてのフコイダンを直接お届けします。 全世界送料無料
お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

+86 21-64560133
0084-983-924-181
+81 50-32044759
アメリカTel:714-933-0776
シーフコイダンコールセンター

〒830-0032 福岡県久留米市東町31-8

© MYM International All Rights Reserved

台湾フリーダイヤル×
免費撥號
韓国フリーダイヤル×
통화료 무료