Fucoidan Times

2021 - 12 - 05 |

健康に係わる様々な情報をシーフコイダンスタッフがお届けします。

フコイダンや癌に関する情報だけでなく、健康に関する様々な情報をお届けすることで世界中の方々と繋がることができればと思います。


Topics

烏龍茶で脂肪燃焼!


皆さん、お茶をよく飲みますか?

暑い季節は冷たいお茶がおいしく、寒い冬は暖かいお茶を飲むことで体も温まりますよね。

お茶にもさまざまな種類があり、肌や健康に良く、リラックス効果やダイエットにも良いというイメージがあると思います。

ちなみに私は、ほうじ茶と緑茶が好きでよく飲みますが、皆さんは何のお茶が好きですか?

 

 

さて、本日は前回の健康的な食事で脂肪燃焼!に引き続き、脂肪を燃焼させる方法を探していたところ、日中に烏龍茶を飲むと、睡眠時に脂肪燃焼を促進するというビックリな情報を見つけたので、ここで紹介したいと思います。

 

まず基本情報として、烏龍茶にはカテキン類が重合して生成する重合ポリフェノールが豊富に含まれています。

私たちが体内に取り入れる酸素の2%は「活性酸素」と呼ばれ、通常体内に侵入した細菌から強い酸化力で守ってくれています。

ところが、乱れた食生活やストレス等で体内のバランスが崩れると、活性酸素が過剰に生成され、細胞や体が酸化してしまいます。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑え、老化、癌、生活習慣病などを予防することに期待ができます。

 

筑波大学の研究によると、烏龍茶やカフェイン飲料を朝もしくは昼に飲むと、体内の脂肪燃焼が促進されることが確認されました。

中でも、烏龍茶の脂肪燃焼効果は睡眠時に大きいことがわかっています。

 

 

実験として、健常者12人に2週間にわたって朝食と昼食時に烏龍茶あるいはカフェインを飲んでもらい、2週間後のエネルギー代謝と睡眠を測定しました。

飲料は、市販の烏龍茶(カフェイン・ポリフェノール入り)、カフェイン飲料、プラセボ飲料(有効成分の含まれていないもの)の3種類を使用。

 

結果、3種のエネルギー消費量に関しては大差はありませんでしたが、1日の脂肪酸化量は増大しました。

面白いことに、カフェイン飲料よりも烏龍茶の方が脂肪燃焼効果が大きく、特に睡眠中の効果が高いと認められたのです。

日中は食事摂取に伴う血糖とインスリンの上昇で脂肪燃焼が強く抑制され、烏龍茶の脂肪燃焼刺激作用が睡眠時に現れたと考えられています。

烏龍茶とカフェインが脂肪燃焼を増やす効果は睡眠時にも見られましたが、いずれも睡眠が阻害されることはありませんでした。

 

ダイエットや体を鍛えるうえで適度な運動や食生活の改善はとても大事ですが、朝、昼に毎日烏龍茶を飲むことで脂肪燃焼効果が発揮されることに期待できるということは知りませんでした。

お茶は体や肌に良いので、試してみる価値はありそうですね!

 

 

ただし烏龍茶の飲みすぎは下痢を引き起こしてしまうことがあるため、注意が必要です。

また、カフェインも入っている為、夜中や寝る前の飲みすぎはお勧めしません。

 

私も適度に飲んでみて、効果が実感できればいいなと思います!

 

 

 

 

 

Category

カテゴリー

Monthly

月別

日本の工場からできたてのフコイダンを直接お届けします。 全世界送料無料
お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

+86 21-64560133
0084-983-924-181
+81 50-32044759
アメリカTel:714-933-0776
お電話での受付時間
【平 日】9:00~17:30
【土日祝】11:00~19:00
シーフコイダンコールセンター

〒830-0032 福岡県久留米市東町31-8

© MYM International All Rights Reserved