Fucoidan Times

2021 - 09 - 28 |

健康に係わる様々な情報をシーフコイダンスタッフがお届けします。

フコイダンや癌に関する情報だけでなく、健康に関する様々な情報をお届けすることで世界中の方々と繋がることができればと思います。


Topics

よく噛んで食べることのメリットとは?


皆さん、よく噛んで食べていますか?

 

よく噛んで食べることは私たちの健康にとってたくさんメリットがあります。

 

 

●肥満防止

ゆっくり食べることで、脳に満腹だと錯覚させることができ、食べすぎを防ぐことができます。

 

●味覚の発達

食べ物の形や味を感じることができ、味覚が発達します。

 

●あごの骨の発達・歯並びが良くなる

口周りの筋肉をよく使うため顎が発達し、表情が豊かになったり発音が良くなったりします。

小顔効果も期待され、歯並びもよくなります。

 

 

●脳の発達

よく噛むことで脳の血液量が増えるため、子供は脳が発達し、大人は物忘れ防止が期待されます。

 

●歯の病気予防

よく噛むと唾液が出るため、食べ物のかすや菌を洗い流すことができます。

虫歯や口内トラブルの予防にもつながります。

 

●癌の予防

唾液に含まれるペルオキシダーセという酵素が食品の発がん性を抑えるため、がん予防につながります。

 

●胃腸を助ける

消化を助けます。胃腸の負担を減らすとともに、栄養素を十分に吸収して胃腸の働きを活発にさせます。

 

 

●筋力や運動能力がアップ

噛むことはあごの筋肉の他にも首や背中、胸の筋肉も一緒に働きます。

体のバランスが安定し、筋力が付くことで運動能力が向上します。

 

●ストレス解消

よく噛むことでストレスホルモンと同時にストレス緩和の神経伝達物質である”セロトニン”の分泌が増えます。

 

 

食べ物によって噛む回数は異なりますが、目安で一口につき30回はよく噛んで食べるようにしましょう。

 

 

ちなみによく噛まないとどういったことが起こるのでしょうか。

柔らかい物ばかり食べていると、唾液が正常に分泌されず、歯垢が溜まりやすくなるので口内トラブルが起こりやすくなります。

 

また、あごの筋肉が鍛えられなくなるので、顎関節症を発症したり、顎の回りの痛みや、頭痛、肩こりなども起こる場合があります。

 

よく噛まずに早食いしてしまうと、肥満の原因にもなるので注意が必要です。

消化も時間がかかってしまい、胃に負担がかかってしまいます。

 

また、食事中の飲み物は控えるようにしましょう。

 

 

食事中に水を飲んでしまうと、胃の中で消化をしようと働く胃酸が薄まってしまい、消化に時間がかかってしまうのです。

 

消化に時間がかかれば、胃はより頑張って働こうとするため、胃に大きな負担がかかってしまいます。

食事の30分前までに水分補給を済ませ、食事中はなるべく飲まないように。

 

どうしても飲みたい場合は、コップ1杯程度にして、食後も消化が終わるまでの3時間程度は何も飲まない方が良いそうです。

 

 

私は最近消化状態が良くないので、消化を助け、その他の効果を発揮させるためにもよく噛んで、食事中の水分補給はなるべく避けるようにしようと思います。

Category

カテゴリー

Monthly

月別

日本の工場からできたてのフコイダンを直接お届けします。 全世界送料無料
お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

+86 21-64560133
0084-983-924-181
+81 50-32044759
アメリカTel:714-933-0776
お電話での受付時間
【平 日】9:00~17:30
【土日祝】11:00~19:00
シーフコイダンコールセンター

〒830-0032 福岡県久留米市東町31-8

© MYM International All Rights Reserved