Fucoidan Times

2022 - 01 - 18 |

健康に係わる様々な情報をシーフコイダンスタッフがお届けします。

フコイダンや癌に関する情報だけでなく、健康に関する様々な情報をお届けすることで世界中の方々と繋がることができればと思います。


Topics

お茶とコーヒーと脳卒中認知症の関係


今年11月16日の医学雑誌「PLOS Medicine」に掲載された50-74歳の健康な人々に対する研究では、お茶とコーヒーを飲むと、脳卒中や認知症のリスクを減らすことができます。コーヒーだけを飲んでも脳卒中後の認知症のリスクを減らすかもしれません。

 

脳卒中は命を脅かす病気であり、全世界の死亡率の10%を引き起こしています。認知症は、脳機能の低下に関連する症状の総称であり、世界的な健康問題となり、同時に大きな経済的・社会的負担をもたらしています。脳卒中後認知症とは、脳卒中後に認知症の症状が現れる状態を指します。

 

 

中国天津医科大学のYuanZhang氏は、英国のバイオバンクからの365,682人の参加者自身がコーヒーとお茶の摂取量データを調査しました。データベースは2006年から2010年の間に、追跡調査は2020年まで継続されます。その中に、5079人の参加者が認知症を発症し、10053人が少なくとも1回の脳卒中を経験しました。

 

 

詳しくデータを分析すると、1日に2〜3杯のコーヒーまたは3〜5杯のお茶、あるいは4〜6杯のコーヒーとお茶の組み合わせを飲むと、脳卒中や認知症の発生率が最も低くなります。コーヒーもお茶も飲まない人と比較し、1日に2〜3杯のコーヒーと2〜3杯のお茶を飲む人は、脳卒中のリスクが32%に低く、認知症のリスクが28%に低くなります。コーヒーだけや、またはお茶と一緒に飲むと効果的です。

 

 

現在、カフェインに関する国際的な研究は比較的十分であり、権威ある保健機関は、適度にコーヒーを飲み、カフェインを摂取しても心臓に損傷を与えることはないと考えています。また、米国連邦政府の食事ガイドラインにも記載されています。1日に8オンス(235 ml)のコーヒー(約400 mgのカフェインを含む)を3〜5カップ飲むことは、健康的な範囲内です。だけど、1日に6杯以上のコーヒーを飲むと、心血管疾患のリスクが高まることがわかっています、前の5カップの潜在的な利点を相償します。

 

いまお茶やコーヒーは手元にありますか? お気に入りの飲み物を毎日楽しめるし健康にも良いので、一石二鳥ですね。

Category

カテゴリー

Monthly

月別

日本の工場からできたてのフコイダンを直接お届けします。 全世界送料無料
お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

+86 21-64560133
0084-983-924-181
+81 50-32044759
アメリカTel:714-933-0776
お電話での受付時間
【平 日】9:00~17:30
【土日祝】11:00~19:00
シーフコイダンコールセンター

〒830-0032 福岡県久留米市東町31-8

© MYM International All Rights Reserved