Fucoidan Times

2020 - 11 - 30 |

健康に係わる様々な情報をシーフコイダンスタッフがお届けします。

フコイダンや癌に関する情報だけでなく、健康に関する様々な情報をお届けすることで世界中の方々と繋がることができればと思います。


Topics

栄養豊富なスタミナ食材~暑い夏を乗り切ろう~


まだ時々雨が続く日もありますが、段々と暑くなってきましたね。

本日は土用の丑の日なのをご存じでしたか?

 

日本の家庭ではこの日に鰻を食べる習慣があります。

土用は季節が変わる調整期間のことで、通常年に4回、各季節ごとにあります。(ちなみに今年は5回あります。)

鰻の旬の時期は秋から冬にかけてですが、そもそも何故鰻が食べられるようになったのでしょうか?

 

土用の丑の日に鰻を食べるようになったのは江戸時代。

平賀源内という人物が夏に売り上げが少ない鰻屋から相談を受け、「丑の日だから「う」の付くものを食べると縁起が良い」と宣伝した結果、人々に広まりました。

鰻だけではなく、「う」が付くうどんなどをこの日に食べる家庭もあるようですよ。

「う」から始まるものはすべて縁起が良いとされています。

 

最近はスーパーやコンビニでも鰻の宣伝が目立っていますね。

 

元々日本で鰻が食べられていたのは縄文時代からで、室町時代までは塩や醤油などにつけて食べていました。

今のような蒲焼で食べられるようになったのは江戸時代に入ってからです。

 

鰻は栄養スタミナ抜群の食材で日本では高級食材として取り扱われており、夏バテ防止の食べものとして食べられています。

更に鰻にはビタミンA・B1・B2・D・E・DHA ・EPA・コラーゲン・ミネラルなど体に大切な栄養素が豊富に含まれています。

健康や体にとても良い食材なのです。

 

ちなみに海外では鰻は元々庶民の栄養源だったとの記録もあり、海外のウナギ料理はイギリスのゼラチンを使用した鰻ゼリーやフランスのワイン煮が特に有名なようですよ。

 

ウナギ料理があるのは日本だけではないと知ったので、海外でウナギ料理を見つけた場合は食べてみたいですね。

 

これからもっと暑くなりますので、夏バテ防止のためにも今日は鰻を食べてはいかがでしょうか?

 

Category

カテゴリー

Monthly

月別

日本の工場からできたてのフコイダンを直接お届けします。 全世界送料無料
お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

+86 21-64560133
0084-983-924-181
+81 50-32044759
アメリカTel:714-933-0776
シーフコイダンコールセンター

〒830-0032 福岡県久留米市東町31-8

© MYM International All Rights Reserved